top

menu

変化する商圏構造~少子高齢化の現状と将来像~

6_cover

少子高齢化という言葉は、マーケティングの世界でもすでに当たり前となっています。多店舗展開のチェーン企業においては、今後ますます変化する商圏の年齢構造にどう対応していくかが、分析テーマになっています。

少子高齢化の現状と将来像

いわゆる高齢者は65歳以上人口のことを指し、2015年現在、約4人に1人が高齢者です。総人口の増加は既にピークを過ぎ、日々減少していますが、高齢者はまだ増加しており、高齢者率は今後も上がっていきます。団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になる2025年には約3人に1人が高齢者になると言われています。
ただ、地域的に傾向は異なり、都心部では今後急速に増加すると推定されています。少子高齢化を漫然と受け止めるのではなく、細かく自社店舗の商圏単位で現状と将来像を把握し、地域ニーズに合致した施策が求められているわけです。

人口総数に占める各都道府県人口割合の推移

下記グラフは、日本の人口総数に占める各都道府県人口の割合を時系列でまとめたものです。折れ線は全国の都道府県分47本あり、縦軸の値が高いということは総人口に対してその都道府県の人口比率が高い、つまり人口が集中していることを意味します。
また、グラフでは、もともと低く将来も横ばいか右肩下がり傾向の束と、もともと高く将来も右肩あがり傾向の束の2つに大別されることが分かります。後者の都道府県名をグラフ内に示していますが、いわゆる東名阪の3大都市圏は今後ますます人口が集中してくるというわけです。
ただし、高齢者比率だけで商圏構造は読み取れません。高齢者の家族構成や、人口の流出入、過去からの推移を併せて検討することが重要です。

1

商圏分析・エリアマーケティングについての情報

無料事例紹介セミナー
雑誌掲載記事
調査レポート